審査なしで発行できるETCカードがあるのは本当なの?

ETCカードと言えば、クレジット決済をするため所持するためには必ず審査が入ります。しかし、さまざまな事情で審査に通らない可能性が高い人もいるでしょう。そんな人たちはETCカードを持つことが出来ないのか、と聞かれるとNOです。実は審査なしで持つことが出来るETCパーソナルカードというものがあります。

クレジットカードを持っていない人でもデポジット、つまり預託金を支払うことでETCカードを使うことが出来るというものです。審査なしでETCカードを渡すのですから、万が一のための保険が必要となります。それが予め支払っておくデポジットなのです。デポジットは前払い金ではないので、通行料金の支払いには使えないことを覚えておきましょう。

ETCパーソナルカードのデポジット

もちろん、ETCパーソナルカードを解約する時にはデポジットは返金されるので安心してください。そして、気になるデポジット額ですが平均利用料金によって変動します。平均利用額が5千円の場合は2万円、1万円の場合は4万円と基本的に4倍の金額と考えてください。審査なしで作れるカードだからこそ、カード会社も念には念を入れて預託金を集めているのでしょう。

ちなみに、デポジットの80%を超える金額の未決済金額がある場合、利用金額が引き落とせなかった場合、デポジットの増額に応じられない場合は利用停止になるので気をつけましょう。預託金は1度支払えば良いというものではなく、利用金額が増えることでデポジットとして預ける金額も増えて行きます。

そのため、ある日デポジットの増額案内が届いたとしても驚かないでください。私がETCパーソナルカードを使っていた時、説明を見逃していてデポジットの増額案内が来た時は驚いて問い合わせセンターに電話しましたね。いきなりなんで増額になるのか、と問い合わせたら利用料金が増えたからです、でした。

ちゃんと説明書を見なかった自分の恥を露呈しただけに終わったという悲しい出来事でしたね。これをきっかけに、どんなことも説明書をしっかり見ておくというクセをつけられました。デポジット増額で勘違いをしていなければ、今も私は説明書を見ることはなかったかなと思います。それを考えると、自分のミスが良い方向に動いたんだと。

ETCパーソナルカードは年会費有料

ETCパーソナルカードの年会費ですが、無料ではないんです。カードの発行費用、明細書の発行費用、郵便費用などで年会費が必要になるので注意しましょう。年会費と言っても、数万円もするわけではないので安心してください。もし年会費無料がいいなら、2018!年会費無料ETCカードおすすめ比較に年会費無料で作れるETCカードがいっぱい載っていますので困ることはありません。

ETCパーソナルカードの利用料金は口座引き落としになります。毎月1ヶ月の利用料金の明細書が発行されるので、しっかり金融口座の残高確認を行っておきましょう。口座引き落としが完了した場合、翌月に領収書が発行されます。

クレジットカードは持っていない人も珍しくありません。カード依存などが不安な人、現金主義の人なども多いからです。ETCパーソナルカードはそういった人たちにとって、とても重宝するものです。年会費はかかってしまいますが。ETCカードを持てない人たちにとってありがたいものです。

ETCパーソナルカードは高速道路の通行料金支払いに限りますので、それ以外で使えません。不便なようですが、クレジットカードを必要としない人にとってはとくに問題はないでしょう。基本的にパーソナルカードは、クレジットカードを必要としない人、持てない人が持つものだからです。

クレジットカードが持てないからETCカードを諦めていた人たちは、パーソナルカードを申し込んでみてはいかがでしょうか。ETCパーソナルカードは便利なものです。クレジットカードを持てない年齢の人も持つことが出来るので、ぜひ申し込んでみてはいかがでしょうか。